だって観劇はお腹が空くから。

食いしん坊ヅカオタの劇場周辺で食べたもの感想記。

YouTubeはじめます。

 

YouTubeはじめます。始めました!

最初は5月から定期購入をはじめたMylittleboxの7月boxの開封動画を投稿しました。

 

【7月】MY LITTLE BOX【開封動画】 - YouTube

 

初投稿でグダグダ感満載ですがよかったら見てください~(❁´ω`❁)

それに合わせて、このブログも更新頻度かなり低いのですが、ヅカ以外のことも書いていこうかな、なんて思ってます。

反対にYouTubeでもヅカについての動画作っていきたいと思います!!

直近で予定してるのは、7/29に月組の三銃士、30日に星組OSOを見に行くのでVlog形式で動画をつくります。

 

続けるかもわからない、自分の中のノリだけで作りましたが、つきあってやってもいいぞ!っていう方ぜひ見ていただけたら嬉しいです💕

 

M ao

観劇ごはん東京宝塚劇場編サイゴン

先日、月組のグランドホテル観劇してきました~!!

 前回のエリザみたよ純豆腐記事から平気で期間あけたけど、普通に色々みてたよ!

 

全ツバレンシア、ホッタイ(宙)

双頭の鷲(宙)→これ本当に予想外の良作でした。

シャンティーオーム(星)

うーん、やっぱり宙贔屓。笑

そんなこんなでシャンティーオームからちょっと間あけて久々の観劇なグランドホテル。

観劇前にランチいこー。ちょっと早めに出て新橋の好きなラーメン屋さん行こうかなぁ。なんて思ってダラダラしてたらあっという間に時間ぎりぎり。

だめだ。近場で食べよう。。。多国籍料理系食べたいなぁ。

あ、有楽町の駅前のスタバ入ってるビル地下のベトナム料理屋さん行ったことないなぁ。この間機会があったときに向かいの定食屋さん行っちゃったんだよなぁと思いつつ、お昼休みのサラリーマンOLさんの人混みをくぐってお店へ。

 

って、ここで食べログのリンクでも貼ろうかと思ったんだけど、レストラン紹介で検索しても出でこない(°д°)普通の食べログだと出るのに(´×ω×`)

 

えっと、上に書いた通り有楽町ビルのB1のペニンシュラ側にある方です。あそこはがっつり食べたい時に重宝するおみせばかり!

そして、私はブンチャーを頼みました!!

f:id:zukka2815:20170308224140j:image

はい!お絞りもお箸も裏っ返し!!忙しいんでしょうね!だってほぼ満席でした。

そんなことも気にしてられないので実食。

揚げ春巻きめちゃくちゃ美味しいし、入ってるお肉(生姜焼き)もおいしい。。。味に飽きたらテーブルに置いてあるナンプラーらしきものをかけるとさらにおいしい。

 

このボリュームで¥1000はお得かもしれない。

 

また行きます。観劇なくても行くと思います。フォーもおいしそう。

 

おわり

 

観劇ごはん東京宝塚劇場編 白さんの純豆腐

さてさて。

お久しぶりな方もはじめましての方もこんにちは。

 

やってきました。宙組エリザベート

大劇場から続いて、初日から数週間たちまして。

私、エリザベート大好きになりました。←

王家と同じパターンな自分が恥ずかしい!!

真風フランツかっこよすぎて辛いです。

辛いです。

"すきーだー"とシシィに歌うシーンの眉間の皺が

 

すきーだー(私が)

 

かっこよすぎる。

 

そんなこんなで、公演期間中はどうしても日比谷滞在回数が増えます。という事はその分のご飯は現地調達しなければいけないですね。

 

前回の観劇ご飯は大劇場のマイタイでしたね。

先日、またエリザ観劇の際いってまいりました。やっぱり、美味しかった!!

 

今日のご紹介は

 

日比谷シャンテB2 白さんの純豆腐 です!!

お探しの店舗のページはありませんでした

 

はい!キャトルから1個降りるだけ!

行きやすい!おいしい!シャンテポイントもシャンテ券も使える!!

 

前はラーメン屋さんが入ってました。前のラーメン屋さんも美味しくて好きだったけど。

いつくらいからだっけ? 

白夜の誓いの時にはもう私ここでもりもり純豆腐食べてました。

必ず、公演期間中1回は食べたくなる。

私が好きなのはもつ純豆腐

たまにチーズ純豆腐

ちなみに今、チーズ純豆腐を食べた直後にこれを書いてます。

写真はとってないので食べログみてください。

 

しかし、ここの真骨頂はランチです。

おかずバーに出てくるサラダのドレッシングがすごくおいしい。

純豆腐の辛さとドレッシングの甘みがマッチします。

おかずバーのおかずもなかなかおいしい。

 

公演期間以外も急に暴力的な辛さで自分を痛めつけおいしくしたい時にはここでご飯をいただきます。

 

みなさまもぜひ食べてみてください♪

 

 

博多座公演「王家にお捧ぐ歌」主観入りまくりな感想という名の考察

行ってきました!博多座!!


f:id:zukka2815:20160531101506j:image
 
1年前の大劇場公演でエチオピアサイドにどっぷりつかり、お腹いっぱいだった気がした私は「え~王家っすか。もうよくね?それより、ホッタイやってくれや」と思ってました。
 
 
 
申しわけないっっっorz
 
 
王家マジックというか、宙組マジックで博多座公演も大変思い入れ深い公演となってしまいました。
 
今回
ウバルド:真風→桜木
アムネリス:伶美→彩花
などなど演者の変更点が多く、それによってストーリーへのアプローチがかわり目線が別の角度から見ることができました。
 
以下感想。ネタバレとともに主観入りまくりな偏った考察語りです。
長文乱文ごめんなさい。
 
 
 
 
 
 
 
  • 新設定によってみえる囚人になる前のエチオピアメンバーの関係性

私的には博多座公演のキーポイントはウバルドとアイーダの双子設定というところにあると思います。その設定はTwitterのタイムラインで知り、スカステ該当番組を後からみたので記憶がぼやっとしてるのですが。。。この設定はやっぱり同期である2人だから成り立つ設定なのではないでしょうか。

劇中特にセリフで双子なのを暗示させることはないのですが、"お前は奴隷"のカマンテ登場のシーンでのアイーダが「ウバルドが酷いこと言うのよ!」とカマンテにすがるような目を向けるように見えたのが印象的でした。そう見えたことによってエチオピアにいた時、ウバルドとアイーダの兄妹喧嘩をちょっとお兄ちゃんなカマンテが仲裁する図が浮かびました。
真風ウバルドの時は学年差がありすぎるせいか、保護者的な揉め方にみえて、喧嘩という感じではないかな。
しかし、そこをバッサリと切り捨てる蒼羽カマンテ。アイーダのショックの顔。たまりませんでした。
ウバルドがアイーダを批判し、カマンテがバッサリ切り捨てる。アイーダを否定することによって「家来だったお前が!?」のセリフが生きますね。あと、サウフェがアイーダにすがる歌詞でアイーダの「優しかったお前までもが?」というセリフからサウフェはなにがあってもアイーダの味方だったんだろうなぁと感じさせます。しかしサウフェも復讐に燃えてしまい、そこからどんどんアイーダを否定する言葉が降りかかり、最後はファトマさえもアイーダに辛い言葉を投げかけ四面楚歌なアイーダがそれでも平和を願う気持ちを歌うという流れが博多座はキレイに演出されていたようにおもいます。
 
 
。。。長いな。今回の観劇で大劇場とは違う見え方ができて感動だったんですわ。
次つぎぃっ!!
 
  • 伶美アムネリスと彩花アムネリスの相違点
まぁ、1番わかりやすいのは歌ですかね。苦笑
それでも私は伶美アムネリス大好きでした。
しかし、やっぱり彩花まりちゃんのアムネリスは正しい歌のアムネリス様でした。どちらが良いとかそういう事ではなく、単純に歌うまだった。笑
アムネリスに対するアプローチも正反対だなぁと感じました。
伶美アムネリス:ファラオが女
彩花アムネリス:女がファラオ
って一言で言うとそんな感じでした。
けっこうここの差異はこのエントリーを書く為に確認した2、3件のブログで言及されていたのでしーちゃんもそれを意識した役作りだったのかなぁ。と思いました。これに関しては別エントリーで書きましょうかね。
アムネリス様大好きだよ。←
 
  • 桜木ウバルドにみる兄妹愛と絶望
先述した通り、今回のアイーダとウバルドは学年の近さから生まれる兄妹感がMAXで萌えました。笑
ずんウバルドとアイーダはずっと一緒に育ってきたんだなぁと感じ、それを見守るカマンテと、サウフェっていう磐石だったはずの関係性が、ラダメスによってぶち壊されるんですね。
双子ってあんまりお会いしたことないけど、マンガや小説で表現される双子ってお互いが特別な存在として認識されている気がします。なので、双子設定が大前提にある事によって同じ物語を別次元の話として感じることが出来ました。
ずっと一緒に育ち同じ教育をうけ同じ考え方をし同じ方向を向いてきたと思っていた片割れが変わっていく様をずんウバルドは見ていたのですよ。きっと!←
"お前は奴隷"の最後に「俺はお前とは違う~♪」って歌詞があって捌ける時の顔がまだ「アイーダ、目を覚ましてくれ」って語っているように私はとらえました。
そこからの、1幕ラスト。
 
もうね、ずんウバルド絶望ですよ。
 
かわいそうすぎて、千秋楽ずっとウバルドみてましたよ。私はー。贔屓ほっぽらかして。
"世界に求む"のラストでアイーダがラダメスの訴えに同調して歌いだすところ。
ウバルド様ショックうけすぎてて、本当にかわいそうだった。
最初は「こいつ(ラダメス)何言ってんだよ」って顔してたんだけど、アイーダが歌いだしたらもう絶望の顔。ほんと、かわいそう。←何度目だよ
大好きなアイーダが自分の計り知れない場所へ行ってしまって、もう戻ってこないと悟って、ラダメスの事を睨みつけるんですよ。ありったけの憎しみを込めて。あー。つらい。
そこに寄り添うファトマ。アイーダ四面楚歌待ったなし。
幕が降りる直前、大劇場だとアモナスロと真風ウバルドは作戦会議のようにヒソヒソと話しているのですが、私がみた博多座2回は両方ともアモナスロが一言ウバルドに言って肩を抱いてました。ウバルドかわいそう←ry
ここからアイーダに虫けら呼ばわりされて、ファラオを殺し、「裏切り者」の台詞のくだりはたぶん、ラダメスの事を最後まで言いたかったんだろうなって。ただじゃ済まさないって感じがよく伝わった。たぶん、ウバルドの全部の憎しみがラダメスに直接的に向けられたシーンだったなぁ。だって、ウバルドとラダメスって直接絡むのあそこしかないんだよ!?これを打ってて思ったのはこの2人がもっと前に絡んでたら結末が少しは変わったのかなぁって思います。まぁ、ないものねだりなんですけどね。
今回の設定によって、大劇場公演で囁かれていた兄妹愛や兄妹間の禁じられた恋以上に複雑で切ない感情が感じられました。
あー。ずんウバルド不憫だようううう。
 
  • 歴史を繰り返す事の残酷さ
今回公演では前回と台詞の違う数ヶ所がありました。これによって、次のシーンに繋がるのが自然になったように感じます。キムシンは外部でコインロッカーベイビーズもあるのにこんなに力を入れてくれて嬉しかったです。
るろ剣ももうちょっとやってくれよ。。。東宝1789と同じ演出家と思えないくらい...ryやめときましょう。
その中で私がもっとも考えさせられたのが、滅ぼされたエチオピアを目前にしたアモナスロの台詞
 
「新たな戦いの始まりだ」
 
うん。奇しくもウバルドが1幕冒頭で放つ言葉なんですね。
また、始まっちゃうんです。戦いが。
それに対してアイーダは愛するために生きて戦いを終わらせなければいけないんです。
「戦いは新たな戦いを生むだけ」だから。
戦いの代わりに慈悲でもなく愛をもってすれば戦いは終わるという、信念。
アイーダの信念ですね。
今回のこの台詞の持っていき方がすごく好きでした。アイーダの強さがよく現れていた。
 
まぁ、こんな感じで前よりも一層王家のストーリーにどはまりしてしまいました私ですが明後日はムラでワークショップ見に行ってきます。楽しみだなぁ。
次はアムネリス様についてと、ラダメスに関してかけたらいいなぁ。
 
おわり

ヅカオタ的2015年まとめ

 

あと数日で2015年が終わるという今日このごろ。私の宝塚的2015年を振り返りたいと思います。

基本的に最近は半券もとっておいてないし、記録にもそんなに残してないので観劇回数は割愛。宙組以外の組に至っては1回しか観てない。そんなゆる振り返り。
 
 
1月~2月
宙組「白夜の誓い/Phoenix宝塚」
凰稀かなめさん退団公演。脚本が酷評の中、私はそこまで嫌いじゃない本でした。全体的にもうちょっとHappyな感じだと嬉しかったなぁと思うんですがね。。。白夜あたりから新人公演メンバーのレベルがぐっと上がった気がした。
ショーは藤井センセがかなめさんを思って作ったであろう歌詞の数々に涙なしでは観れなかったです。OPの歌詞は私の中のかなめさんがバリバリ投影されていてOPから泣くという水分足りるのかよ的な感じでした。あと、黒燕尾のキタさんとの振りはもちろんなんだけど、かなめさんとまぁくんのところがもう。。。
号泣き。エトがまぁみりで歌詞のチョイスも泣かせるショーでした。千秋楽まであんなに泣いていたのか嘘のように千秋楽では冷静に観劇していました。
 
2月
 雪組ルパン三世/ファンシーガイ」
早霧せいなさん大劇場トップお披露目公演。ちぎちゃんがルパンすぎて萌え以外の何物でもなかった。。。ちぎみゆの並びがかわいすぎて愛おしすぎてたまらない。雪組はトップから若手にかけてバランスよく配役がされているイメージ。若手育てるのうまいなぁって思います。ファンシーガイはあまり得意な感じではなかったけど、真地くんの踊りに目が離せませんでした。夢乃聖夏さん退団公演。私の中でともみんは宝塚の良心でした。
 
4月
宙組「TOP HAT」
朝夏まなとさんトップお披露目公演。私的にはかいちゃん(七海ひろき)の組替えがショック過ぎて、結構つらぁって感じでした。けど、千秋楽のせーこちゃんとの歌の時にかいちゃんのスッキリした顔を見て、送り出さなきゃいけないなぁってこちらも覚悟を決めることができました。今は星組ですごく楽しそうにしているかいちゃんに癒されまくりです。
愛ちゃんは私の大好きなルー大柴風の芸風で新境地開拓してましたね。ベティーニ様大好きです。ドタバタハッピーエンドが観れてすごく嬉しかった。
 
6月〜8月
宙組「王家に捧ぐ歌」
 
 
 
7月
月組「1789バスティーユの恋人たち」
私この副題がすごくすき!
アントワネットの衣装もすごくかわいかったし、フェルゼンと会うのに来てたマントがド派手でお忍びにはまったくにあわないところとかアントワネットかわいすぎる!笑
ありちゃんのシルキーボイスも聴けてたまらなかったし、久々にみたわかばちゃんがお歌上手になっててびっくりした。
個人的にツッコミたかったのは、あんだけサイラモナムール推してたのに劇中1度しか歌わない事実。でも、あの歌くせになります。
来年の東宝も楽しみ。
 
9月
雪組「星逢一夜/ラ エスメラルダ」
宝塚内今年一番のヒット、話題作だったんじゃないでしょうか。大劇場公演中から涙なみだの感想がTLを埋めていました。私が観劇したのは、結構後の方でなんかいい感想ばかりで本当に泣けるのかよとか捻くれたコトを思っていたのですが。。。開始10分で涙がorz
ラではうって変わってずっとお祭り騒ぎで幕中ずっと笑ってみてられました。
ちぎみゆだいのトリオを確立した公演だろうなぁって思いました。
 
10月
全国ツアー市川文化会館
宙組「メランコリックジゴロ/シトラスの風Ⅲ」

 

zukka2815.hatenablog.com

 シトラスの風Ⅲについては書いていませんでしたね。

本当に、愛ちゃんまっかぜーまぁさまの並びが頼もしかった。

客席降りは大好きなうららちゃんエリアで死ぬかと思った。。。笑

 

11月

宝塚大劇場

月組「マノン/Golden Jazz」

 

zukka2815.hatenablog.com

 見るつもりがあんまりなかったので、まさか今年最後の観劇が月組さんになるとは思わなかったです。

 

 

以上!

なんと、花組星組を一切見なという謎な事態に!!

でも、来年もこんなペースになりかねないです。

来年はお正月早々ムラにわたり宙組さん観劇してまいります。

ブログ更新ももうちょっとこまめにできたら。。。いいなぁ。。。笑

よいお年をお過ごしください。

 

おわり

 

せしちゃんときんぐ


せしちゃん、もう少しみてたかったけど残念。
せしちゃんが男役さんの時からきんぐと二個一のイメージすごく強かったけど、最後まで二個一感満載でしたね。
この2人が1本物で退団というのがすごくもったいない話。

他の退団者の方々も残りの時間が充実したものになりますように。


観劇ご飯大劇場編 マイタイ

もともと、このブログを書きたいなーって思ったきっかけが、せっかくこまめに観劇する機会があるから観劇の時に食べたお店をまとめたらいろいろ困らないんじゃないんだろうか。と思ったからなのです。

しかし!ご飯情報載せた記事が1個しかない事に気づきました!

書きましょう。

小さいころフリスクを甘いといわれて一気に3粒食べさせられ号泣してからしばらく、”辛い”ものを進んで食べなかったんですが、歳を取ると不思議なもので、アラサー真っただ中の今となっては辛い物大好きです。

そんな私にとって、最近すっかり大劇場の観劇の時に毎回行くレストラン候補に挙がるのがこちら。

マイタイ

 

はい。たぶん、ご存知のかたはご存知ですねきっと。店内はいったすぐのところに雪組男役若手スター月城かなと氏のサインが入っているこちら。

タイ料理屋さんのこちら。

最初に大劇場にいった、モンテクリスト伯の時はなかったんじゃないでしょうか。風共の時にはもうあったはず。気になって、気になって、ようやく入ったのがサンクチュアリの時。比較的新しいお店。

マスター?のかたが日本人でシェフのお姉さんがおそらくタイの方。入って席に通されると、マスターがメニューを丁寧に説明してくれ、辛さの調節ができるメニューとそうでないものを教えてくれます。やさしい。

初回はトムヤムクンヌードルをいただきました。

食べ始め、、、ふんふん。コクがあっておいしい。あんまり辛くないなぁ。なんて持ってたのですが食べ進めるとガンガン汗が出てきました;;;かっら!かっらかっら!口元をヒリヒリさせながらサンクチュアリを観劇していました。

先日は、トムヤムクン味のチャーハンを頂きました。

これも辛さ調節できた気がする。私は普通で。途中まではそのままもぐもぐ食べ進め、口の中の辛味が充満してきたところで黄身を崩して味をまろやかに。

これは、すごく癖になるお味。また食べたいな~。でも次はお正月にいくので、お店があいているかは定かではないですが。。。笑

 

f:id:zukka2815:20151205232445j:plain